長野県は海がなく、日本を代表する複数の大河の源流となっています。それは全体的に標高が高く、地形が複雑で、湿気の少ない内陸性気候という特異な自然環境であることを示しており、これが旅行先・滞在先として他では得られない様々な体験を提供できるベースとなっています。
変化に富んだ地形の長野県は地勢上、県全体を大きく6つのエリアに分けることができます。それぞれの個性ある地勢は、古くからそこで暮らす人々に影響を与え、その地に根付いた伝統文化、食文化、歴史的遺産を今につたえてきました。それらは長野県外の皆さまにとってもきっと魅力を感じていただけるに違いありません。
また長野県は、3つのアルプスをはじめとする高山に囲まれた山岳県です。山岳と大自然にまつわる様々なアクティビティは質・量ともに日本のトップクラスと言ってよいでしょう。
どの地域でも目の当たりにできるダイナミックな景観と共に、お越しいただく皆さまそれぞれに合った良い旅をお過ごしください。

北信濃エリア

善光寺の門前町から蔵の町、そして小布施町へ。長野北部は、歴史と文化が色濃く漂う見どころ満載のエリア。ここにしかないダイナミックな自然も人々を惹きつけます。

日本アルプスエリア

山々がもたらす恵みを求めて、日本アルプスエリアへ。山麓に広がる田園風景に癒され、さまざまなアクティビティにも挑戦。大自然のなかで、身も心も解き放たれる、贅沢な旅を満喫。

東信州エリア

千曲川沿いの豊かな穀倉地帯に広がる東信州は、避暑地軽井沢をはじめ、古くから高原リゾートとして開拓されてきたエリア。晴天率も高く、高原野菜やワインなど、名産品も豊富です。

諏訪エリア

諏訪大社を擁し、由緒正しき歴史と文化を肌で感じる諏訪エリア。ちょっと足を伸ばせば、霧ヶ峰高原や八ヶ岳中央高原、富士見高原など、豊かな大自然が広がります。

木曽路エリア

長野県初の日本遺産として注目を集める木曽路には、先人によって継承されてきた貴重な文化が息づいています。木曽十一宿は、江戸時代へ続くタイムトンネル。未知なる旅へ、いざないます。

伊那路エリア

ロープウェイで気軽にアクセス、高山植物揺れる高嶺へ。自然の生命力に満ちた中央・南アルプスに分け入り、荘厳な絶景を堪能。大地の造形美に心躍る雄大な旅へ出かけませんか。